図書館に行って節約するとは

図書館に行ってエアコンの電気代やトイレの水道代を節約するという記事をネットで読んだ。
わざわざ節約額の試算までしていた。

図書館で節約する本質は他のところにあるだろう。
本、雑誌、新聞だ。

本は1冊1000円~2000円くらいする。
専門書だと5000円を超えるものもある。
(専門書は、専門家が職業人生の相当部分をかけてまとめたもの。
 高くてもしかたない。)
雑誌はそれより安い。
しかし、東洋経済などのビジネス誌とか週刊誌を全部読めば、月1万円くらいになってしまう。
新聞は月4千円くらいだろうか。うちでは新聞は取っていない。

以上、まとめると、図書館のヘビーユーザーは年20万円以上の節約は可能である。
なお、エアコンの電気代やトイレの利用も無料だが、金額はさほど大きくない。

居場所を提供してくれるというメリット(利便性)も大きい。
受験生は、静かなところで勉強したい。
中高年男性は、公園で遊ぶ子供をじっと見ていたら変質者に間違われるが、図書館に行っていたらそれなりに知的に見られるかも。
都会では、カフェなどの椅子に座るだけでお金がかかる。

図書館から近いところに住むメリットは大きい。