誤字脱字は永遠の課題

ちょっとネタ切れ気味。

さて、誤字脱字は誰にでもどこにでもある。
ブログを読んでいても時々見つける。
私の記事でも先ほど見つけた。

会社でも、よく見つける。
私は誤字脱字を見つけるのが得意なほうだと思う。
それで、指摘したら嫌われる。
やりきれない仕事だ。

会社の誤字にはある程度決まったものがある。

【頻出誤字集】

消火器 と 消化器

内蔵 と 内臓

深掘り と 深堀
 「検討を深掘りする」とか、格好つけて書いたりするけど、深堀する になっていることがある。
 気をつけないと。

 AIで2つの言葉を混ぜたらこんな感じになった。

以外と意外

 言葉のイメージするものをAIで混ぜたらこんな感じになった。
 意味がよく分からないけど、AIの画像にありがち。

体制 と 耐性

 AIで言葉のイメージするものを混ぜたらこんな感じになった。
 意味がよく分からないが、アメリカ人には分かるのだろうか?

他にも似たような言葉は無数にある。

ちなみに、
 対象、対称、対照
を学校で習ったときは違いがよく分からなかった。

今でも違いが分からない言葉は結構ある。
 硬い、固い、堅い
 回り、周り、廻り
などは、正しく使い分けできているか自信がない。

日本語はとても難しい。

(いろいろと書きたいことはあるけど、それについて調べる時間がない。
それに、会社でも家でもパソコンを見ていると目が痛くなる。)